安城市中央図書館 > 郷土メニュー > 郷土資料 > 安城の新美南吉

安城の新美南吉



  「ごんぎつね」「おじいさんのランプ」などの童話で知られる新美南吉は、 愛知県半田市出身の童話作家ですが、25才から亡くなる30才までの5年間を、 安城高等女学校で教員をしていました。南吉の安城時代は、南吉の生涯の中でも 最も充実した時期で、数多くの代表作がこの時期に書かれました。 このため安城は「南吉の第二のふるさと」とよばれています。







サルビー