文字サイズ変更
拡大
縮小
色の変更
FOREIGN LANGUAGE

ホーム > イベントカレンダー > (※終了しました)自著を語る その7 稲垣えみ子『寂しい生活』

ここから本文です。

更新日:2020年1月14日

(※終了しました)自著を語る その7 稲垣えみ子『寂しい生活』

令和元年12月22日(日曜日)に「自著を語る その7 稲垣えみ子『寂しい生活』」を開催しました。

旧中央図書館時代から続く自著を語る第7回は、アフロヘアがトレードマークの稲垣えみ子氏をお招きしました。

多くの方にお申込みいただき、申込日当日に定員に達しました。

講演会では、ほぼ電気を使わないご自身の生活を写真とともに説明していただきました。
普段から常に電気を使って生活している私たちには、とても新鮮なお話でした。

講演会終了後のサイン会も多くの方にご参加いただき、盛況に終了することができました。
ありがとうございました。
=============================================================================
朝日新聞を50歳で退社し、ほぼ電気を使わない生活を続けている、
アフロヘアがトレードマークの稲垣えみ子氏の講演会です。
終了後にサイン会も行います。

いながきえみこ

稲垣 えみ子氏

寂しい生活1

講演会風景1

寂しい生活2

講演会風景2

寂しい生活3

サイン会風景1

寂しい生活4

サイン会風景2

開催日時

  • 2019年12月22日(日曜日)14時00分から2019年12月22日(日曜日)16時00分

開催場所

アンフォーレ本館 3階 健康支援室・講座室

料金

無料

定員・事前申込み

令和元年11月18日(月曜日)午前9時から開始します。

お申込みは1.氏名2.電話番号を添えて、電話、ファクス、メールのいずれかでお申込みください。定員になり次第締め切らせていただきます。

対象は高校生以上。定員は80名(先着順)となりますので、お早めにお申し込みください。

その他

著者:稲垣えみ子氏
1965年、愛知県生まれ。87年朝日新聞社入社。
大阪本社社会部、週刊朝日編集部などを経て論説委員、編集委員をつとめ、原発事故後に始めた「超節電生活」を綴ったアフロヘアの写真入りコラムが話題となり「報道ステーション」「情熱大陸」などのテレビ番組に出演する。
2016年、50歳になったのを機に早期退職し、現在は築50年の小さなワンルームマンションで、夫なし、子なし、定職なし、冷蔵庫なし、ガス契約なしの「楽しく閉じていく人生」を模索中。著書に『アフロ記者が記者として書いてきたこと。退社したからこそ書けたこと。』(朝日新聞出版)、『魂の退社』『寂しい生活』『人生はどこでもドア』(いずれも東洋経済新報社)、『もうレシピ本はいらない』『アフロえみ子の四季の食卓』(いずれもマガジンハウス)などがある。

関連資料

主催者情報

  • 主催者名:アンフォーレ課
  • 連絡先
    電話:0566-76-6111
    ファクス:0566-77-6066

関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

このページに関するお問い合わせ先

市民生活部アンフォーレ課

愛知県安城市御幸本町12番1号

電話番号:0566-76-6111

ファックス:0566-77-6066

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?