文字サイズ変更
拡大
縮小
色の変更
FOREIGN LANGUAGE

ホーム > 本や資料を探す > 安城のことをもっと知る > 第2回安城市新美南吉絵本大賞おとなの部入賞作品紹介

ここから本文です。

更新日:2018年8月9日

第2回安城市新美南吉絵本大賞おとなの部入賞作品紹介

第2回安城市新美南吉絵本大賞おとなの部で入賞した作品を安城市アンフォーレ課(図書情報館)がデジタル化しました。

各作品の動画再生ページのリンク集です。

大賞「かにのしょうばい」絵 竹中 豊秋

かにのしょうばい表紙 かにはいろいろ考えたあげく床屋を始めました。けれど、ひとりもお客さんがやってきません。

 かにはお客さんを探して海に行きますが、毛のないたこさんの頭は刈れません。次に山へ行くと、そこにはたぬきがいて…。

 

【⇒動画を見る】(外部サイトへリンク)

入賞「子供のすきな神さま」絵 西條 由紀夫

こどものすきなかみさま表紙 こどもが好きなちいさい神様は、ときどき人の住んでいる村へ出てきて、すがたを見せずにこども達と遊びます。

 ある日こども達は、神様をつかまえようとして…。

 

【⇒動画を見る】(外部サイトへリンク)

入賞「(詩)疲レタ少年ノ旅」絵 OBOtto

つかれたしょうねんのたび表紙 カランカラカラ カランカラカラ カランカラカラ トイフ

 音ガ 遠イ遠イ ズツト遠イ 西カラ 疲レタ少年ニ 聞エテキタ

 

 この話をあなたは、どう読み取りますか? 

 

【⇒動画を見る】(外部サイトへリンク)

入賞「赤いろうそく」絵 西村 久子

赤いろうそく 山から里の方へ遊びにいったさるが赤いろうそくをひろいました。

 それを花火だと勘違いした山の動物たちは、ろうそくに火をつけようとして…。

 

【⇒動画を見る】(外部サイトへリンク)

入賞「あし」絵 秋乃 紅葉

あし表紙 二ひきの馬がぐうるぐうると昼寝をしていました。

 一ぴきの馬が目を覚ますと、あとあしが1本しびれていて…。

 

【⇒動画を見る】(外部サイトへリンク)

入賞「でんでんむしのかなしみ」絵 鎌田 光代

でんでんむしのかなしみ表紙 いっぴきのでんでんむしがありました。ある日、そのでんでんむしは大変なことに気がついて…。

 

 南吉の代表的な童話です。

 

【⇒動画を見る】(外部サイトへリンク)

入賞「ひとつの火」絵 米田 廣志

ひとつのひ画像

 わたしはひとりになってから考えました。

 ―わたしのともしてやった火はどこまでゆくだろう。

 

【⇒動画を見る】(外部サイトへリンク)

入賞「(詩集)ちょうちょう<A>・てんごく」絵 龍淼、曹真睿

ちょうちょう表紙

 赤ちゃん誕生や、おかあさんへの温かいまなざしを感じる南吉の詩、2編です。

「ちょうちょう<A>」

 花の模様の肩揚げに、肩揚げに、しろい蝶々がとまつてた。

「てんごく」 

 おかあさんたちは、みんな一つの、天国をもっています。 

【⇒動画を見る】(外部サイトへリンク)

入賞者紹介等

入賞者の方からいただいたメッセージ等を紹介します。

 【⇒動画を見る】(外部サイトへリンク)

このページに関するお問い合わせ先

市民生活部アンフォーレ課 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?